顔脱毛と美肌効果は関係あるの?

1月 1st, 2016

顔のウブ毛は美肌の天敵

女性でも鼻の下や頬や首筋にうぶ毛が生えます。
細くて柔らかいですし、うっすらしていて確認しづらいですが、ときどき濃いうぶ毛が生えてきてびっくりした方もいるはずです。
本格的な女性の社会進出が始まってから数十年が経ち、働く女性のストレスが社会問題になっていますが、このストレスはホルモンに影響を与えて、ウブ毛のこさや毛量に大きな影響を与えます。
うぶ毛が生えることでファンデーションのりも悪くなりますし、手入れに時間がかかったり行き届かず吹き出物ができたり、肌がくすんだり、黒ずみができるなどお肌のトラブルが増加する理由になります。さらに、状態が悪くなることで肌表面がザラザラになったり、ボコボコした感触を持つこともあるので要注意なのです。
肌トラブルの主要な原因は、うぶ毛が生えることで皮膚垢や汚れ、化粧成分などが毛穴に入り込んで詰まってしまうことにあります。
毛穴の汚れを放置すると先に上げたような肌トラブルが発生し、見た目の印象に大きなダメージです。
顔のうぶ毛にT字カミソリやシェーバーを使うことも多いですが、この方法ではムダ毛とともに皮膚表面も剃ってしまうため、傷をつけたり肌荒れ悪化の原因になることもあります。

顔脱毛で美肌効果と自信

うぶ毛をなくし美肌効果を高める最も効果的な顔脱毛はレーザーやフラッシュをつかった方法です。
レーザーなど医療用光学機器を使った顔脱毛は、うぶ毛の毛根に熱を加えて焼くために、皮膚へのダメージを最小限にすることができるほか、早期に脱毛効果を実現できます。
照射された熱は皮膚深部の新陳代謝を活発にさせる効果もありますし、最近では顔コラーゲン脱毛という方法も開発され注目されています。
これはコラーゲンを主成分とした生コラーゲンパックを満遍なく顔に塗り、気になる部分に専用光学機器をあてがい照射する新しい顔脱毛方法です。
顔に塗られたコラーゲンパックが肌を光学機器の熱から保護するとともに、肌に浸透し保湿効果を向上させ、つるつるでしっとり感のある潤い肌を促進、うぶ毛脱毛により毛穴が引き締まり、皮膚の汚れや垢、化粧が入り込むことを予防し、美肌効果を実現するのです。
女性の顔に生えるうぶ毛は、化粧ノリを悪くするだけでなく、肌荒れやくすみ、ザラザラの原因となり、印象にも影響を与えます。
顔脱毛には、潤いのあるしっとりとした明るい印象を与える美肌効果があります。また、心に余裕が生まれて自信につながり、肌の手入れや化粧も楽になるため、利用する女性が増えています。

Comments are closed.